万葉の里・国分寺市障害者センターは、利用者本位のサービスの実現に努めます。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

万葉の里

お電話でのお問い合わせ 042-321-1212

東京都国分寺市泉町2-3-8 

本文のエリアです。

お知らせ利用者・スタッフの声/

万葉ミニだより「縁日」

  障害者センターに通勤する際、センターの入り口に咲いてiいる大きなひまわりを見て今年も夏がやってきたのだなと実感します。

  さて皆さんは「夏」と聞いて何をイメージするでしょうか?ひまわりや海や麦わら帽子等々…センターの利用者の皆さんに話を伺うと花火やスイカ、そして「縁日」という答えがありました。

 そんな夏の風物詩の一つである「縁日」

 生活介護事業太陽では7月20日水曜日に縁日を行いました。

 「太陽」の縁日では皆で浴衣や法被を着て太鼓をたたいて盛り上がる盆踊りや魚釣りゲームを楽しみ、かき氷やたこ焼き、スイカを食べ、正にみんながイメージする「夏」を利用者の皆さんと一緒に満喫しました。

 また当日楽しむだけでなく、事前に利用者自治会で縁日について話し合い、内容を決め、看板や装飾品を創作活動で作ったり、かき氷機を職員と一緒に動かしてかき氷を作ったりと、活動の中でも縁日の成功を目指して取り組みました。

 当日は多くのボランティアさんの協力も得て大盛り上がり、暑い日が続き外出も億劫になる時季ですが皆さん夏を十分に楽しまれていました。

 これからが夏本番。様々な夏の風物詩を体験し、暑さに負けず利用者さん共々この夏を楽しんで過ごしたいと思います。

2016..8.1  

ページトップへ戻る