万葉の里・国分寺市障害者センターは、利用者本位のサービスの実現に努めます。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

万葉の里

お電話でのお問い合わせ 042-321-1212

東京都国分寺市泉町2-3-8 

本文のエリアです。

サービスのご案内

国分寺市障害者基幹相談支援センター

障害のある方の総合的な相談業務や、地域の相談支援の中核的な役割として、人材育成や広域的な調整、地域移行に係るネットワークの構築、権利擁護、虐待対応等の事業を行います。

【開  所 日】 月曜日~土曜日

【開所時間】 午前9時~午後7時(月曜日~金曜日) 午前9時~午後5時(土曜日)

【電話番号】 042-320-1300

  ☞ 基幹相談支援センターパンフレット(PDF)

 国分寺市障害者基幹相談支援センターは、「障害者総合支援法七十七条の二」に基づく施設で、市内の相談支援の充実、相談支援体制の強化を図るため、平成24年4月に開設されました。


   PDFはこちらからどうぞ ニューズレターNo2

 

(続きを読む…)

地域活動支援センター つばさ

相談支援事業

総合的な相談窓口として、障害の種別によらずすべての方に開かれた相談業務を行います。

  • 総合相談支援

  福祉サービスの利用支援、社会性活力を高めるための支援など           

  • 特定相談事業          

  サービス利用計画の作成、よりきめ細やかな支援                           

  • 一般相談支援事業 

  地域生活に移行するための相談、同行支援、緊急時の相談・訪問・対応など

 

高次脳機能障害者支援促進事

高次脳機能障害者の方やご家族に対する相談支援、関係機関との連携や広報・普及活動

パンフレット「高次脳機能障害

 

発達障害者支援体制整備事業

成人期の発達障害の方を対象に相談支援、支援者・家族向けの講演会や相談会の実施

 

サロン事業

おしゃべりをしたり、パソコンをしたり自由に参加できる交流サロンや生活力を高めるプログラムを実施

主なプログラム・・・おしゃべりナイト、クッキング、市民福祉講座、パソコン教室、視覚障害者リハビリ教室など

 

夕日かがやき事業

地域で生活する方や就労している方が余暇や交流できる場・機会の提供、当事者同士による行事の企画・運営などの支援を実施

 

よみよむサービス(対面朗読者派遣事業)

視覚障害者の方を対象に対面朗読者を派遣し、公的な文書や手紙などを読む支援を実施

【開 所 日】  月曜日~土曜日 第2・4日曜日

【開所時間】 午前9時~午後7時

【電話番号】 042-321-1136

よみよむサービスのお知らせ

 

生活介護事業 太陽

どのような障害があっても、一人ひとりが、地域の中でいきいきと生活できるよう支援します。

【主な活動内容】
個々の特性や希望にあわせ、作業活動(ポスティング・リサイクルなど)・創作活動(陶芸・さをり織り・革工芸・フェルトなど)・自己表現活動(音楽・エアロビなど)・余暇活動を行います。また、摂食状況や健康面に配慮し、必要な方には身体機能訓練・言語訓練・作業訓練などを行います。

【対 象 者】 
18歳以上65歳未満で、国分寺市内在住の身体・知的・精神障害者の方。  障害程度区分3以上(50歳上は区分2)で生活介護事業の支給決定を受けている方。重症心身障害の方。

【定      員】  1日あたり38名

【開  所 日】 月曜日~金曜日

【開所時間】 午前9時~午後4時

【電話番号】 042-321-1212

就労継続支援事業B型 どーむ

活動を通じて、自分らしく働き自立すること、地域と交流することなどの支援を行います。

【主な活動内容】

喫茶部門  接客、調理、清掃、食器洗いなど
菓子製造部門 シフォンケーキやクッキーなどの製造、「喫茶いずみ」や分室、国分寺市内の大学等での販売
清掃部門 市役所やその他市内の施設での清掃
その他  封入や古本クリーニングなどの作業

【対 象 者】  市内在住で障害があり、作業能力のある方で、働くことを希望し、喫茶サービス及び菓子製造、清掃業務などが可能な方。

【定      員】 1日あたり10名

【開  所 日】 月曜日~土曜日

【開所時間】 午前9時~午後5時

【電話番号】 042-321-1212

 

喫茶いずみ

 

手づくり洋菓子工房 スイーツいずみ

 

 

自立訓練事業はばたき

はばたきでは「自立訓練事業」を行っており、そのなかに 「機能訓練」と「生活訓練」があります。

生活訓練はばたき

【主な活動内容】
生活に必要な技能(調理・買い物・対人行動又はコミュニケーション・余暇活動の充実など)を身につける支援を行います。活動を通して一人ひとりの自己実現を目指します。

【対 象 者】
国分寺市内在住の知的障害や精神障害があり、生活訓練を必要とする方で訓練給付の支給決定を受けている方

【定      員】  1日あたり6名

【開  所 日】 月曜日・水曜日・金曜日

【開所時間】 午前9時~午後4時

【電話番号】 042-321-1212




 

機能訓練はばたき

【主な活動内容】
理学療法士 (PT),作業療法士(OT),言語聴覚士(ST)などによる身体の機能訓練、調理・外出・買物等生活に必要な技能を身につける支援を行います。

【対 象 者】
国分寺市内在住で身体障害者手帳を持ち、訓練を望む方で、訓練給付の支給決定を受けている方

【定      員】  1日あたり6名

【開  所 日】 火曜日・木曜日

【開所時間】 午前9時~午後4時

【電話番号】  042-321-1212



 


はばたきOB会 今年も12月の第一土曜日に開催しました

~12月)♪~


 

 自立(じりつ)訓練(くんれん)事業(じぎょう)はばたきでは、毎年(まいとし)12(がつ)第一(だいいち)土曜日(どようび)に、はばたきを終了(しゅうりょう)した方々(かたがた)(つど)い、近況(きんきょう)当時(とうじ)(おも)()などを(かた)()い、(なつ)かしい(かお)ぶれが交流(こうりゅう)できる「OB(かい)」を開催(かいさい)しています。

 自立(じりつ)訓練(くんれん)事業(じぎょう)はばたきは、機能(きのう)訓練(くんれん)生活(せいかつ)訓練(くんれん)実施(じっし)しています。普段(ふだん)利用(りよう)曜日(ようび)(ちが)いますが、この()だけは、機能(きのう)訓練(くんれん)利用(りよう)した方々(かたがた)生活(せいかつ)訓練(くんれん)利用(りよう)した方々(かたがた)一緒(いっしょ)(つど)います。

今年(ことし)は40(めい)(ちか)くの方々(かたがた)がお()えになりました。(かい)は、(いま)まで(かか)わってくださったボランティアの方々(かたがた)講師(こうし)方々(かたがた)現在(げんざい)担当(たんとう)職員(しょくいん)はもちろんのこと、(いま)までの担当(たんとう)職員(しょくいん)にも可能(かのう)(かぎ)りの参加(さんか)()びかけています。現在(げんざい)、「はばたき」に通所(つうしょ)されている利用者(りようしゃ)方々(かたがた)もお(さそ)いし、はばたきでの活動(かつどう)()ごし(かた)今後(こんご)のご自身(じしん)生活(せいかつ)などへのイメージ(つく)りに役立(やくだ)てていただけるようにと(かんが)えています!

一年(いちねん)(いち)()機会(きかい)でも、「はばたき」を利用(りよう)した(もの)同士(どうし)”が(あつ)まり、おしゃべりや情報(じょうほう)交換(こうかん)ができる()で、お(たが)いに(たの)しい(とき)()ごすことができたらと(ねが)い、毎年(まいとし)企画(きかく)しています。

「はばたきOB(かい)」と、(いま)()んでおりますが、今後(こんご)(なに)素敵(すてき)名前(なまえ)を、みなさんから(つの)れたら()いなと(おも)っています。

来年(らいねん)もまた「12(がつ)第一(だいいち)土曜日(どようび)」に開催(かいさい)しますので、よろしくお(ねが)いします。

 

会場かいじょう雰囲気ふんいきです!    かざけは現在げんざい利用者りようしゃさんがつくりました!

(続きを読む…)

障害者(児)ヘルパー派遣事業 ウイング

地域で生活されている心身障害者・児が安定した生活を営むことができるよう、ヘルパー派遣などのサービスを提供します。 

  • 居宅介護サービス <ホームヘルプサービス> (身体介護 ・家事援助 ・通院等介助)
  • 重度訪問介護         
  • 同行援護 <視覚障害者支援>  
  • 移動支援サービス事業 <知的障害者(児)ガイドヘルプ>        
  • 会員制有料サービス「エル」 (送迎や移動、見守りなど上記サービスの不足部分に対応します。)

【対 象 者】  国分寺市在住の受給者証をお持ちの障害者(児)

【住   所】 国分寺市西元町2-10-6  
【電話番号】 042-321-6600
【営業時間】 〈平日〉8:30~17:30

共同生活支援事業所 万葉の里  (グループホーム)

ケアホームひかり ・ ひかり2

障害のある方々がともに生活し、地域でその方らしく安心して生活できるよう支援を行います。

「グループホーム」ってなに?

 グループホームは、障害のある方が地域で暮らす場所です。

 地域でその方らしく暮らしていくための「家」です。

生活の様子

  • 平日の日中はそれぞれの仕事や、通所先へ行き、夕方ホームに帰ってきます。
  • 休日は、ガイドヘルパーと外出する方、実家へ帰る方、ひかりでゆっくり過ごされる方等、さまざまです。
  • 誕生日月には、誕生会も行います。
  • その他、お花見や豆まき、クリスマスなど季節の行事も、みんなで楽しく企画しています。

地域生活への参加

地域の行事や活動に参加しています。

《利用定員》12名

現在は1階に女性(6名)、2階に男性(6名)の計12名で生活しています。

《所在地》

国分寺市光町3-13-3

ページトップへ戻る