万葉の里・国分寺市障害者センターは、利用者本位のサービスの実現に努めます。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

万葉の里

お電話でのお問い合わせ 042-321-1212

東京都国分寺市泉町2-3-8 

本文のエリアです。

国分寺市障害者基幹相談支援センター

 国分寺市障害者基幹相談支援センターは、「障害者総合支援法七十七条の二」に基づく施設で、市内の相談支援の充実、相談支援体制の強化を図るため、平成24年4月に開設されました。

障害のある方の総合的な相談業務や、地域の相談支援の中核的な役割として、人材育成や広域的な調整、地域移行に係るネットワークの構築、権利擁護、虐待対応等の事業を行います。

【開  所 日】 月曜日~土曜日 第2・4日曜日

【開所時間】 午前9時~午後7時

【電話番号】 042-320-1300

  ☞ 「国分寺市障害者基幹相談支援センター」パンフレットPDF

 


社会福祉法人 はらからの家福祉会・万葉の里 共催企画 

第31回 精神保健福祉講座

「 まちで暮らす~ 『地域包括ケア』は暮らしの支えになるか ~ 」

日時:2018年2月24日(土)13:50~17:00
会場:国分寺市 本多公民館 ホール
定員:200名
資料代:200円
講演:上野秀樹 医師

『当日は、さつき共同作業所の作品と国分寺市障害者センター・どーむのスイーツの販売もあります!』

 


 

国分寺市障害者地域自立支援協議会ニューズレター

国分寺市障害者地域自立支援協議会ニューズレター№1 1ページ

国分寺市障害者地域自立支援協議会ニューズレター№1 2ページ

国分寺市障害者地域自立支援協議会ニューズレター№1 3ページ

国分寺市障害者地域自立支援協議会ニューズレター№1 4ページ

 PDFはこちらからどうぞ ニューズレターNo1

~講演会のご報告~(平成29年11月26日)

平成29年11月26日に国分寺市障害者基幹相談支援センター主催の市民向け講演会を開催し、22名の方が参加くださいました。  

講師の長沼氏からは、街歩きのヒントと、国分寺は緑が多く、子育て環境も整っており、特別な街になる必要はなく、今のままで十分魅力的な街だ、と研究家の目線で語っていただきました。

ゲストの澤田氏は、交通バリアフリーを進め、障害者へ配慮を進めることは、高齢者や小さな子どもを持つ家庭にもやさしい街をつくることにつながることを教えていただきました。

後半は、参加された市民の皆さまと自分の好きな国分寺を講師らと共に語り合い、有意義なひと時となりました。ご参加いただいた皆さまに、心より感謝申しあげます。

 

国分寺市障害者基幹相談支援センター職員一同

 


~講演会のご報告~ (平成28年11月27日)

平成28年11月27日に国分寺市障害者基幹相談支援センター主催の市民向け講演会を開催し、36名の方が参加してくださいました。ご参加してくださった皆様に心より御礼申し上げます。

今回は東京都強度行動障害支援者養成講師である竹矢恒氏をお招きし、「だれも仲間はずれにしないために ~共生社会の実現に向けて、自閉症の方の困り感を理解する~」といったテーマで、自閉症の方の特性や生活の中での困り感について、事例や演習を通してわかりやすくお話ししていただきました。そして「共生社会」とは「『違い』を認め合える社会」であり、その『違い』を理解することが大切であるということを学ぶことが出来ました。

参加者の方からは、「とてもわかりやすかった。」「演習を通して自閉症の方の世界を少し感じることができた。」「視点を変えることで障害を理解することができるとわかった。」「支援をするには、まず障害を理解することが大切であり、本人の因子にあった環境を作ることが大切であると感じた。」「もっとお話を聞きたい。」という声を多数いただきました。

共生社会の実現に向け、皆様とともに学びの機会を得ることができましたこと、心より感謝申し上げます。

 

 国分寺市障害者基幹相談支援センター職員一同

 


 

~講演会のご報告~ (平成28年1月24日)

 平成28年1月24日、当センターで市民向け講演会(国分寺市障害者基幹相談支援センター事業)を開催しました。テーマは「互いに違いを認め合う社会 ~私にもできる具体的な行動~」で、弁護士の池原毅和先生に“障害者差別解消法”のお話をご講演いただきました。

 池原先生は、障害の捉え方を「障害のある人が健常者と同じように生活できないのは、その人の心身機能に問題があるから」という考えから「社会は障害のない人たちのためだけのものではない。社会は障害のある人にとっても、みなと同じように使いやすい社会に変える責任がある」という考え方に具体的な例を用いながらご解説くださいました。

参加者の方々からは、「話が具体的で分かり易かった」、「私たちの想像力を働かせ環境を変える」「障害を多様性の中で捉えることが“合理的配慮”にも繋がる」「大変参考になった」という声をたくさんいただきました。

 当日は冷たい北風の吹く一日でしたが足をお運びくださり、ともに学びの機会を得ることができましたこと、心より感謝申し上げます。

国分寺市障害者基幹相談支援センター一同

※ 当日は、障害のある方の生活環境を整えるために役立つ福祉機器を展示しました。


 

ページトップへ戻る